今、自信がなくても夢が実現するたったひとつの方法

夢実現応援コーチ・尾脇優菜のブログです。夢を実現化するために、コーチングという対話の技法を使って「今日・明日にでもできるくらい小さな最初の行動」を見つけて伴走するお手伝い(応援)をしています。

自分を受け入れるってどういうこと?

加藤諦三さんの『やさしい人』という本を読みました。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B019DLKWGI/ref=pd_aw_sim_351_of_36?ie=UTF8&psc=1&refRID=PFSYNKYCRZ6RN950CRW7


この本の中で、「自分が自分をうけいれている」状態を示す「ヒナギク」という話(アンデルセン童話の中に出てくるそうです)が紹介されています。


短く言うと、
庭の隅に咲いているヒナギクは、ヒバリが上手に歌えることを感心しているし、自分が空を飛べないことや歌えないことを悲しいと思っていない。


これが「実際の自分に満足している状態」ということでした。

 

 

人を見て「いいなー」「素敵だなー」と素直に言えるのは、自分が満足しているということ。


それで、別に今のままでも生きていけるからそのままでもいいんだけど、「自分もああなりたい!」と思うなら努力することもできるのが人間の素晴らしいところだと思います。

 

 

私は私、あなたはあなた。


そのことを私は知っている。


「いいなー」と素直に言えるし、かと言って悲しいわけでもない。


お互いにそう思える人間関係をつくっていきたいですね。


一人一人の個性が尊重されて、お互いに夢の実現を応援し合える世界が拡大していくといいな。

 

 

**Gonmatusの「夢が実現するメルマガ」配信中!

株式会社Gonmatusのメンバーが交代でメッセージを毎週一回配信している「夢が実現するメルマガ」

今なら、夢実現応援家&大ベストセラー作家・藤由達藏先生著『結局、「決められる人」がすべてを動かせる』(青春出版社)の無料特典動画セミナーの視聴登録をすると、同時に「夢が実現するメルマガ」も配信させていただいています。

☆登録はこちら

http://kekkyoku.jp./download/

 

**株式会社Gonmatus公式HP

☆夢実現コーチング体験セッションのお申し込みはこちら

http://gonmatus.ocnk.net/

 

**コーチング無料説明会

Skype限定で30分程度になります。

お名前をご記入の上、こちらまでお問い合わせください。

⇒ owaki.yuna@gonmatus.com

株式会社Gonmatus

尾脇優菜 宛

遠方の方もお気軽にどうぞ!

f:id:yunaowa:20170929095153j:image

*photo by 和夏さん(株式会社Gonmatus/魅力引き出しプロデューサー)

今、勇気がなくても夢を実現する方法

「勇気」の話をします。


「やりたいけど自信がない」

「勇気がないからできない」


今回の記事は、そんな人に読んでもらいたいと思っています。


だから、「自信満々だから大丈夫!」「私は勇気あるからできる!」という人は、読まなくていい内容です。

 

 

去年の夏、私は大学に休学届けを出して、地元の愛媛から上京しました。


本当にやりたいと思ったことをやるためです。


具体的に言うと、弟子入りしてコーチングを学んだり、小さい頃から夢だったオリジナル曲をつくったり、新宿駅で路上ライブをしたり、実際にコーチになったりしました。


それで、東京で出会った人に「どうしてそんなに行動できるの?」「その勇気はどこから来るの?」などと言われることが少なくありませんでした。

 

 

でも、ちがうんです。


本当は、そうじゃないんです。

 

 

不安がないわけじゃない。


「勇気があるから」


行動できるんじゃない。

 

 

失敗するかもしれない。


恥かくかもしれない。


笑われるかもしれない。

 

 

そうやって、迷うんです。


でも、やるんです。


なんでって、やりたいから。

 

本当の勇気って、どこからかやって来るものじゃなくて、そういう「覚悟」のようなものなんだと思います。


うまくいく保証がなくても、行動することはできるんです。

 

それで、プレッシャーを感じるなら、最初の一歩を小さくしたらいい。

 

 

迷いながらでもいい。


正しいかわからなくてもいい。


やってみたらうまくいくかうまくいかないかってわかるし、うまくいかなかったら、それからまた改良していけばいいんです。

 

 

私は不安にならないわけじゃなくて、不安があってもやりたいと思うことはやります。


それで、不安な気持ちをなるべく表に出さないようにするんです。


なんでかって言うと、言霊って本当にあると思っているから。


それに、一緒にいてくれる人にわざわざ不安なエネルギーを伝えるより、その場を楽しいものにしたいんです。


一緒にいるとホッとする人、会うだけで元気が出る人になりたいからです。


それでも、どうしてもっていうときには、心から信頼している人に相談することはあります。


わるく言えば強がりだし、よく言えばしっかりしているんです。(笑)

 

 

今は遠い道のりのように思えるかもしれないけど、「これくらいならできる」っていう小さな行動を積み重ねていけば、だんだん自信がついてきて、スタート地点からはいつの間にか進んでいきます。


夢を実現するためには、具体的にできることから始めることが大切です。


最初から諦めて何もしないのと、やってみて合わないことがわかったからやらない方を選ぶのとでは、天と地ほどの差があります。

 

私はコーチングという対話の技法を使って、夢を実現化するために「今日・明日にでもできるくらい小さな最初の行動」を見つけて伴走するお手伝い(応援)をしています。


私みたいに強がりな人が、恐れずに安心して本音を話せたり、情熱を解放することが許される場所でありたいと思っています。

 

 

今回の勇気のお話は、こちらの斎藤一人さんの本からインスピレーションをいただきました。


『地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。』/斎藤一人

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00RXG7RUK/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

もし気になったら、ぜひ読んでみてくださいね。

 

あなたの夢を応援しています。

 

 

**Gonmatusの「夢が実現するメルマガ」配信中!

株式会社Gonmatusのメンバーが交代でメッセージを毎週一回配信している「夢が実現するメルマガ」

今なら、夢実現応援家&大ベストセラー作家・藤由達藏先生著『結局、「決められる人」がすべてを動かせる』(青春出版社)の無料特典動画セミナーの視聴登録をすると、同時に「夢が実現するメルマガ」も配信させていただいています。

☆登録はこちら

http://kekkyoku.jp./download/

 

**株式会社Gonmatus公式HP

☆夢実現コーチング体験セッションのお申し込みはこちら

http://gonmatus.ocnk.net/

 

**コーチング無料説明会

Skype限定で30分程度になります。

お名前をご記入の上、こちらまでお問い合わせください。

⇒ owaki.yuna@gonmatus.com

遠方の方もお気軽にどうぞ!

 

f:id:yunaowa:20170928230501j:image

教育について思うこと

「教育」と聞くと、あなたはどのようなイメージを思い浮かべますか?

学校や人材育成など、人それぞれに身近な教育の場があると思います。


私自身はというと、1年間休学していた大学に今月末から復学しました。

ちょうど今日から始まった教育原理という授業の中で、面白いお話があったので紹介させて頂きます^^

 

そもそも「教育」って何?


教:知識や文化の伝達
外側から形成(Bildung)

育:本来の能力の引き出し
内なるものの開花(Erziehung)


語義はこのようになりますが、英語で言う「education =教育」ではないそうです。


「education 」・・・もともと備わっている(潜在的な)能力を開発すること。


つまり、「教育」の「育」の要素が大きいと言えます。

 

 

では、なぜ「education 」は「教育」と訳されたのでしょうか。


先生の話によると、明治期、初代文部大臣の森有礼が「education 」の訳語として「教育」を推奨し、定着したのだとか。


それに対して、『学問のすゝめ』で有名な福沢諭吉は「発育(自己開発)」を提案していたそうです。

 

明治22年「文明教育論」より

「学校は人に物を教うる所にあらず、ただその天資の発達を妨げずしてよくこれを発育するための具なり。教育の文字ははなはだ穏当ならず、よろしくこれを発育と称すべきなり。かくの如く学校の本旨はいわゆる教育にあらずして、能力の発育にあり……。」

 

こちらも「education 」と同様に「育」の面を唱えています。


しかし、「education 」の訳語として「教育」が定着したのは、
森有礼が初代文部大臣として「発育(自己開発)」と言うのでは示しがつかない(都合が悪かった)から…。
と、ボソッと先生の言葉が耳に入って衝撃を受けました。(笑)

 

私自身は、ずっと「教」の印象のみを持ち続けて大学生になりました。

学校教育に関しては、今もその要素が大きいように感じています。


また、コーチとして活動している中で「コーチングって指導してくれるんですよね?」「何を教えてくれるんですか?」と聞かれることがあります。

いわゆる「教」の印象をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。

一般的に、スポーツのコーチなどはその通りなのかもしれませんが、私自身はそう思っておりません。

 

コーチングは「育」の要素が極めて大きい。

まさに、その人自身が持つ「本来の能力の引き出し」に特化しています。

 

知識や文化の伝達など外側からの形成を担う「教」の面は、新しいことを知る機会となり、自分の視野を広げてくれる価値あるものです。


だから「教」と「育」のどちらが良いとか悪いとかではなくて、大切なのはバランスだと考えています。

 

でも、私自身「教」の印象のみを持ち続けたまま大学生になったように、自分が持つ本来の能力をないがしろに扱ってしまうことや、画一化された優等生像を意識するあまりに周りと比べて「自分はダメな人間だ」などと思い込んでしまうのは悲しいことではないでしょうか。


人はひとりひとり違っている。


そんな自然なことが許容されないような空気感はどこか不気味で、息苦しく感じてしまいます。


もうすこし「育」の部分・・・その人自身が持つ本来の能力の引き出し、内側から湧き出る動機付けに目を向けてもいいのではないかと思うのです。


私がコーチングを提供したい、人の夢を応援したいと思うのは、私自身が「育」にあたる部分に長いこと気付けず、いい子を演じ続けてきて苦しかったからなのかもしれません。


あなたの夢を応援しています。

 


**Gonmatusの「夢が実現するメルマガ」配信中!

株式会社Gonmatusのメンバーが交代でメッセージを毎週一回配信している「夢が実現するメルマガ」

今なら、夢実現応援家&大ベストセラー作家・藤由達藏先生著『結局、「決められる人」がすべてを動かせる』(青春出版社)の無料特典動画セミナーの視聴登録をすると、同時に「夢が実現するメルマガ」も配信させていただいています。

登録はこちらからどうぞ♪

http://kekkyoku.jp./download/


**株式会社Gonmatus公式HP

http://gonmatus.ocnk.net/


**尾脇優菜Facebook

https://facebook.com/owakiyuna

 

f:id:yunaowa:20170926203514j:image

 

ドリームキラーの正体

苦しいとき、応援してくれる人の存在に救われた。

そんな経験はありませんか?

 

夢実現応援家®︎&大ベストセラー作家の藤由達藏先生は「結局、夢を殺せるのは自分しかいない」と言います。

ドリームキラーという言葉もあるけれど、結局、最後に諦めるかどうかを決めるのは自分しかいない。

私もその通りだと思います。

 

 

それでも。

強い意志を持っていても、日常の中では、それを見失ってしまいそうになる瞬間があるかもしれません。

 

たとえば、勇気を出して夢を打ち明けたのに、批判されて悲しくなるとき。

人から理解されなかったとき。

真剣なのに、嘲笑されたとき。

「社会人として」「大人として」お前はダメな人間だという烙印を押されたとき。


・・・悲しいですよね。

 

 

私自身、人から言われたことをネガティブに解釈して、自分は理解されないんだと思い、苦しさを感じることがありました。

加えて、悔しさから出る涙をコントロールすることができません。

「絶対泣きたくない!」という場面でも、先に体が反応してしまうんです。

たとえば、夢を話したら「そんな考え方はダメだ」「みんな我慢してるのよ」「好きな事だけで生きていけるほど現実は甘くない」と言われたとき。

 

 

「どうしたら涙を制御できるようになるんでしょう」と相談したとき、藤由先生はこう言ってくれました。


「他人から何を言われても、本当の意味では、他人はお優ちゃん(私)を攻撃できないよ。本当に攻撃になるのは、自分が自分を攻撃したときだけなんだよ。だから、自分を責めなくてもいいんだよ。攻撃しなくてもいいんだよ。ただ、感情を味わえばいいんだよ。・・・って言われてみて、どう思いますか?」

 


世間の皆様から見て、これが「正しい答え」かどうかはわかりません。

甘いと感じる人もいるのかもしれません。

 

でも、私はたしかに応援してくれている人の存在に救われたんです。

藤由先生と夢実現応援対話(コーチング)をした前後で、目には見えないものだけど、心の状態が明らかに変わったんです。

本来の自分の価値観を大切にしようと思いました。

これが応援の力だと思います。

 

 

「理解されなくてもいいし、理解されてもいいんだ」

「応援されなくてもいいし、応援されてもいいんだ」

「相手には相手が良いと思う考え方や価値観があるし、私にもある。それだけ!」

 

結局、諦めるも諦めないも、最後に選ぶのは自分なんだと思えたら、すごくスッキリしました。

 

 

あなたの夢を応援しています。

 

 

 

 

**Gonmatusの「夢が実現するメルマガ」配信中!

株式会社Gonmatusのメンバーが交代でメッセージを毎週一回配信している「夢が実現するメルマガ」

今なら、夢実現応援家&大ベストセラー作家・藤由達藏先生著『結局、「決められる人」がすべてを動かせる』(青春出版社)の無料特典動画セミナーの視聴登録をすると、同時に「夢が実現するメルマガ」も配信させていただいています。

登録はこちらからどうぞ♪

http://kekkyoku.jp./download/


**株式会社Gonmatus公式HP

http://gonmatus.ocnk.net/


**尾脇優菜Facebook

https://facebook.com/owakiyuna

 

 

ワクワクスイッチをONにする方法は?

9月3日からの5日間、
青春18切符でのんびりひとり旅を楽しんできました♪


f:id:yunaowa:20170908191057j:image


岡山城近辺をお散歩した朝の写真。

 

f:id:yunaowa:20170908191137j:image


岡山後楽園の広大さに驚きました!
なんでも、日本三大名園のひとつなんだとか。


f:id:yunaowa:20170908191227j:image


落ち着く雰囲気。
そして美しい景色でした。(*´ω`*)

 

 

今回の旅は、事前に青春18切符を購入して出発する日にちだけ決めていて、その日の計画は前夜やそのときどきで考えたり、会いたい人に連絡したりしながら進んでいきました。

実際に連絡されるほうからしたら、驚いてしまうかもしれません。

それでも、お声掛けした4名の方全員がご案内くださったり、お食事をご一緒させて頂いたりと、おかげさまでとても充実した旅になりました。


「どこを案内しよう?って考えてるうちに、京都っていいところやなぁ〜と思って地元が大好きになってきた♡」

「話してると元気になる!誘ってくれてありがとう♡」

 

大切な時間をつかってくださったうえに、こんな声を聞くことができてとてもうれしかったです。

本当にありがとうございました。

 


**京都を案内してくれたようちゃんこと陽子ちゃんのブログはこちら♡

⇒ http://s.ameblo.jp/alien-yy/entry-12308528866.html

 

今回の旅でいつも以上に強く感じたのは「100%自分の責任で一日を自由につくる!」というワクワク感でした。

ワクワクしていると、うまくいく。

たとえうまくいかないことがあっても、それすらゲーム感覚で楽しみながら乗り越えていけるんです。

 

どんなときにワクワクするかは、人それぞれだと思います。

たとえば、私の場合は、「明日はどんな楽しいことがあるんだろう?」と想像するときや、好きな人といるとき、おしゃれを楽しんでいるとき、キラキラしたもの、素敵な建物やインテリアを見たとき、新しい場所へ行くときなんかにワクワクします。

だから、旅は五感を刺激してくれる最高の方法なんです♡

 

あなたはどんなとき、どんなことにワクワクしていますか?

そのときどんな感情を味わっていて、どうしてそれがいいと感じるのでしょうか。

そこには、あなたにとって大切な価値観が関係していると思います。

 

**Gonmatusの「夢が実現するメルマガ」配信中!

株式会社Gonmatusのメンバーが交代でメッセージを毎週一回配信している「夢が実現するメルマガ」

今なら、夢実現応援家&大ベストセラー作家・藤由達藏先生著『結局、「決められる人」がすべてを動かせる』(青春出版社)の無料特典動画セミナーの視聴登録をすると、同時に「夢が実現するメルマガ」も配信させていただいています。

登録はこちらからどうぞ♪

http://kekkyoku.jp./download/


**株式会社Gonmatus公式HP

http://gonmatus.ocnk.net/


**尾脇優菜Facebook

https://facebook.com/owakiyuna

 

議論が一向に進まない・・・。こんなときは?

自分の意見を言うと、相手が黙り込んでしまった。
議論が一向に進まなくてイライラ・・・。

そんな経験はありませんか?

 

相手が何を考えているのかわからない。

こういうとき、「もう一押しした方がいい」と思う方もいるかもしれません。

黙り込んでしまった相手は、もしかすると何か言いたいことがあるのかもしれませんし、自分の意見を飲み込んで我慢してしまう可能性もあります。

そうなっては、お互いにとって「本当にいいこと」とは言えません。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

たとえば、「今、どんな風に感じていますか?」と率直に聞いてみる、というのはいかがでしょう。

そして、相手の意見を聞いた上で、「どちらにとってもいいこと」になる新しい案を話し合い、一緒につくっていく。

そんな風に議論が進んでいったら、どうでしょう。
楽しそうだと思いませんか?(*^_^*)

 

大ベストセラー作家・藤由達藏先生との打ち合わせは、毎回毎回、爆笑の嵐です。

それは、藤由先生が「お互いにとっていいこと」が「本当にいいこと」だと思っていて、いつも目の前の人を尊重し、気さくに明るく接しているからです。
さらに言うと、マニアックな小ネタも多いです。(笑)

藤由先生はこの「さらにいいものを一緒につくりあげていくスタイル」を徹底されています。

結果的に、それはとても楽しい時間になります。

 

「自分の意見を通す」から「さらにいいものを一緒につくりあげていく」へ。

「相手の気持ちを汲み取ろう」という思いで人に接していると、それは相手にも伝わります。

 

これが正しいと押しつけるつもりはありません。

「気楽にやってみたら、案外、話し合いの場が楽しくなった!」なんて声が聞けると、とてもうれしいです。

 

あなたの貴重な時間が、今以上に気持ちの良いものになることを願っています。

 

指摘したところが増える

今日、家に帰ったら、母の友達が遊びに来ていました。

久々にお会いした方だったので、私は「変わらずお上品で素敵ですね」と声をかけました。


その方が帰ったあと、「変わらず上品、かあ。私と何が違うんやろう?」と首をかしげる母に、こう言いました。

「お母さんは上品じゃなくてもいいんやない?親しみやすくて、誰でもリラックスして話せるんやないかなぁ」

すると、「・・・そうね!そうそう、話しやすいってよく言われるのよね〜!」とニコニコ返ってきました。(笑)

 

人の個性、ちがいって素晴らしいものだと思うから、自分らしさを存分に発揮して輝いてほしい。

私はそう思っているので、母が自分の素敵さに気づいて笑ってくれるとうれしくなって、二人でニコニコしています。(笑)

 

実は、こんな日常生活のなかにもコーチングは転がっています。

 

コーチングの考え方に「指摘したところが増える」というものがあります。

「嫌なところ」を直してほしいと思って指摘しても、実は、それがますます増えることになっちゃうんですね。


反対に「いいところ」を指摘すると、だんだんそっちが増えていきます。

さらには「いいところ」を指摘することで「嫌なところ」まで気にならなくなっていくんです。


そう考えると、「いいところ」を指摘して二人でニコニコ♡のほうがお得な気がしてきませんか?

 

コーチングって、言葉で聞くと難しそうなお堅いイメージを持たれる方もいらっしゃると思います。

本当は、こんな風にお互いがニコニコになることに使える、とっても簡単で楽しいものなんですよね。


どのくらい簡単かと言うと、大学生の私でも2ヶ月足らずでセッションのお申込みを頂けるほどになったくらいです。

仕事にしたいかどうかは人それぞれにしても、コーチングは誰でもできると思います。


こんなにいいものだから、むしろ「日常でこそみんなに使ってほしい」と私は思っています。

そんな思いが猛烈にこみ上げてきたので、ブログを開設しました。

 

このブログでは、より豊かな人間関係を築きたい方へ向けて、「コミュニケーションがもっと楽しくなるコーチングの技術」をテーマにわかりやすく発信していきたいと思います。


コメントなど、お気軽にいただけるとうれしいですヽ(*^ω^*)ノ