今、自信がなくても夢が実現するたったひとつの方法

夢実現応援コーチ・尾脇優菜のブログです。夢を実現化するために、コーチングという対話の技法を使って「今日・明日にでもできるくらい小さな最初の行動」を見つけて伴走するお手伝い(応援)をしています。

議論が一向に進まない・・・。こんなときは?

自分の意見を言うと、相手が黙り込んでしまった。
議論が一向に進まなくてイライラ・・・。

そんな経験はありませんか?

 

相手が何を考えているのかわからない。

こういうとき、「もう一押しした方がいい」と思う方もいるかもしれません。

黙り込んでしまった相手は、もしかすると何か言いたいことがあるのかもしれませんし、自分の意見を飲み込んで我慢してしまう可能性もあります。

そうなっては、お互いにとって「本当にいいこと」とは言えません。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

たとえば、「今、どんな風に感じていますか?」と率直に聞いてみる、というのはいかがでしょう。

そして、相手の意見を聞いた上で、「どちらにとってもいいこと」になる新しい案を話し合い、一緒につくっていく。

そんな風に議論が進んでいったら、どうでしょう。
楽しそうだと思いませんか?(*^_^*)

 

大ベストセラー作家・藤由達藏先生との打ち合わせは、毎回毎回、爆笑の嵐です。

それは、藤由先生が「お互いにとっていいこと」が「本当にいいこと」だと思っていて、いつも目の前の人を尊重し、気さくに明るく接しているからです。
さらに言うと、マニアックな小ネタも多いです。(笑)

藤由先生はこの「さらにいいものを一緒につくりあげていくスタイル」を徹底されています。

結果的に、それはとても楽しい時間になります。

 

「自分の意見を通す」から「さらにいいものを一緒につくりあげていく」へ。

「相手の気持ちを汲み取ろう」という思いで人に接していると、それは相手にも伝わります。

 

これが正しいと押しつけるつもりはありません。

「気楽にやってみたら、案外、話し合いの場が楽しくなった!」なんて声が聞けると、とてもうれしいです。

 

あなたの貴重な時間が、今以上に気持ちの良いものになることを願っています。